防犯対策

一般住宅対象の空き巣ねらい侵入手段

top

戸建ての空き巣の侵入手段は、圧倒的にガラスを破って侵入しています。以外にもドア鍵を破る確率は低いようです。

トンカチ イメージ大事なことはドア鍵の防犯対策も大切ですが、これからのはガラス窓を守ることも重要です。

※データは、平成15年警視庁「空き巣ねらい防犯対策 」より

侵入をあきらめるまでの時間

top

空き巣が家に侵入するのに要する時間が、長くなると侵入をあきらめる確率が高くなります。左の表からも解るように、侵入を5分間防げれば約70%の侵入を防ぐことが出来ます。

いかに侵入時間が掛かるようにするかが、防犯対策のポイントとなります。

※データは、(財)都市防犯研究センター「防犯環境設計ハンドブック[住宅編]」より

どの様な防犯対策が効果的か?

ガラス窓に張る防犯フィルムや内格子、防犯ガラスが、空き巣の侵入を防ぐのに効果的です。

防犯フィルムは、数多くの物が市場に出回っています。防犯効果の高い物から、ほとんど効果のないような物まで。そこで2004年4月から、一定以上の防犯効果がある物に、国家認定制度が導入されました。セプロで扱う高性能窓用防犯フィルムは、国家認定習得済みです。

内格子は、セプロ独自の物(特許出願中)を開発しています。 特にルーバーには効果を発揮します。

防犯ガラスも、セプロが開発したペアーガラスに防犯フィルムを貼った、断熱効果と防犯効果を両立させた画期的な物をご用意しています。

セプロの高度な技術を習得した技術者が、オリジナル施行ツールを使い、安心で安全な日々を提供する事をお約束します。  詳しく製品情報を見る

top