フィルム施工手順

防犯フィルム現場施工概要

446μもの厚さを持つ『SEPRO防犯フィルム』は、特別な訓練を受け、高度な専門技術を習得した『SEPRO認定施工技師』の手によって施工されることで本来の防犯性能を発揮します。

 

top
1. 養生
水を漏らさない念入りな養生。
top
2. サッシ・ガラスの洗浄
ノウハウに基づいた念入りな清掃が美しい仕上がりをお約束します。
top
3.フィルムの裁断
専用工具で正確、且つバリの無いカット。
※フィルムのカットラインの白濁と浮きを防ぎます。
top
4. フィルムの貼り付け
専用スリップ溶液をフィルム と窓の間に噴霧。気泡残りや白濁(濁り)現象を防ぎます。
top
5. 水抜き(圧着)
施工後のクオリティーと防犯効果(初期性能)を左右する最重要工程。

オリジナル専用スクィージーで完全に近い水抜き。凸レンズ状の水残りや貼付後の白濁(濁り)現象を防ぎます。
top
6. 仕上げ
入念に仕上げ作業を行い、最終確認をして完了です。

top