耐久性/飛散防止性能

耐久性

内貼用フィルムの表面には、キズの付きにくいハードコート処理を施しているため、耐摩耗性に優れています。※ 外貼用フィルムには、ハードコート処理はされていません。

ガラス飛散防止フィルム 性能試験結果(JIS-A5759)

◆衝撃破壊試験結果(A法)

衝撃側 落下高さ ガラスの飛散重量 JIS-A5759規格値
破片10個の総重量 最大破片1個の重量
貼付側 30cm 0.6g 0.2g 大きな破片10個を選び、その総重量が80g以下でありかつ落下した一片の質量が55g以下であること。
貼付側 30cm 0.4g 0.2g
非貼付側 30cm 18.1g 5.1g
非貼付側 30cm 2.3g 0.5g
 
 

写真-1 
試験項目:飛散防止性能A法(衝撃破壊試験)
試験片記号:A1-1
板ガラスの破壊

(財)建材試験センター

写真-2 
試験項目:飛散防止性能A法(衝撃破壊試験)
試験片記号:A1-1
飛散したガラス破片のうち、大きい順に選び出した10片の形状

(財)建材試験センター


◆層間変位破壊試験結果(B法)
ガラス飛散防止率 判定 JIS-A5759規格値
99.10% D1 飛散防止率は、表示記号D1が95%以上表示記号D2が85%以上であること。
98.10% D1
98.30% D1
98.90% D1
98.60% D1
 

写真-1 破壊状況
試験項目:B法
(層間変位破壊試験)
試験片記号:B-1
板ガラスの破壊及びフィルムの破断
(破断長さ110cm)

(財)建材試験センター

 

写真-2 破壊状況
試験項目:B法
(層間変位破壊試験)
試験片記号:B-2
板ガラスの破壊

(財)建材試験センター

top